江戸時代に開発され全国的に普及した、熊手状の鍬(くわ)といえば何でしょう?

クイズタウン

問題

江戸時代に開発され全国的に普及した、熊手状の鍬(くわ)といえば何でしょう?

選択

  • 加賀鍬
  • 相模鍬
  • 筑前鍬
  • 備中鍬

歴史編のクイズ問題です。
出題される4択のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【おすすめお小遣いサイト】※管理人の換金実績TOP3 サイト
◆楽天銀行は100円で換金可能!ボリューム満載のコンテンツ » ポイントタウン
◆自ブログ持ち・SNSの利用者に最適な人気のポイントサイト » げん玉
◆節約志向・忙しい・飽きっぽい人におすすめ!サポート優秀 » ハピタス

PR

江戸時代に開発され全国的に普及した、熊手状の鍬(くわ)といえば何でしょう?

「江戸時代に開発され全国的に普及した、熊手状の鍬(くわ)といえば何でしょう?」 のクイズに関する豆知識と答え。

深耕や水田荒起に用いる鍬を改良した農具。弥生時代のものは木製だったが、古墳時代になると鉄製のものも生まれた。平鍬と違い、湿り気のある土壌を掘削しても、歯の先に土がつきづらいのが利点。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/備中鍬

答え

備中鍬

ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です