江戸時代、7歳で失明したのにもかかわらず、和学講談所を設立し、古今の歴史書をテーマ別に分類した「群書類従」を著した人物は?

ポイントQ

問題

江戸時代、7歳で失明したのにもかかわらず、和学講談所を設立し、古今の歴史書をテーマ別に分類した「群書類従」を著した人物は?

選択

  • 頼山陽(らいさんよう)
  • 塙保己一(はなわほきいち)
  • 大槻玄沢(おおつきげんた)
  • 平田篤胤(ひらたあつたね)

毎日出題されるクイズコーナーの4択クイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【管理人お小遣い実績&メモ】
ポイントサイト利用開始時からこれまでのお小遣い帳 » ポイント交換実績
巡回時間に負担を感じたら、シンプルなポイント稼ぎができる ハピタス

PR

江戸時代、7歳で失明したのにもかかわらず、和学講談所を設立し、古今の歴史書をテーマ別に分類した「群書類従」を著した人物は?

「江戸時代、7歳で失明したのにもかかわらず、和学講談所を設立し、古今の歴史書をテーマ別に分類した「群書類従」を著した人物は?」のクイズに関する豆知識と答え。

「群書類従」は、国文学・国史を主とする一大叢書。江戸幕府や諸大名・寺社・公家などの協力を得て、収集・編纂。歴史学・国文学等の学術的な研究に、多大な貢献をしている。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/群書類従

答え

塙保己一(はなわほきいち)

ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です