超国家主義的な国家改造を主張し、右翼や青年将校に大きな影響を与え、「二・二六事件」の首謀者として銃殺された人物は?

ポイントQ

問題

超国家主義的な国家改造を主張し、右翼や青年将校に大きな影響を与え、「二・二六事件」の首謀者として銃殺された人物は?

選択

  • 北一輝
  • 井上日召
  • 石原莞爾
  • 大川周明

毎日出題されるクイズコーナーの4択クイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【管理人お小遣い実績&メモ】
ポイントサイト利用開始時からこれまでのお小遣い帳 » ポイント交換実績
巡回時間に負担を感じたら、シンプルなポイント稼ぎができる ハピタス

PR

超国家主義的な国家改造を主張し、右翼や青年将校に大きな影響を与え、「二・二六事件」の首謀者として銃殺された人物は?

「超国家主義的な国家改造を主張し、右翼や青年将校に大きな影響を与え、「二・二六事件」の首謀者として銃殺された人物は?」のクイズに関する豆知識と答え。

「事件の理論的指導者の一人」であるとして、民間人にもかかわらず特設軍法会議にかけ、非公開・弁護人なし・一審制の上告不可のもと、事件の翌1937年8月14日に死刑判決が出され、5日後に銃殺刑に処された。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/北一輝

答え

北一輝

ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です