北畠親房作が常陸国小田城(茨城県つくば市小田)で著した歴史書は何でしょう?

ポイントQ

問題

北畠親房作が常陸国小田城(茨城県つくば市小田)で著した歴史書は何でしょう?

選択

  • 梅松論
  • 太平記
  • 大日本史
  • 神皇正統記

毎日出題されるクイズコーナーの4択クイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【ポイントタウンの他に稼げているサイト】※管理人の場合
◆自ブログ持ち・SNSの利用者に最適な人気のポイントサイト » げん玉
◆節約志向・忙しい・飽きっぽい人におすすめ!サポート優秀 » ハピタス

PR

北畠親房作が常陸国小田城(茨城県つくば市小田)で著した歴史書は何でしょう?

「北畠親房作が常陸国小田城(茨城県つくば市小田)で著した歴史書は何でしょう?」に関する豆知識と答え。

南北朝時代に公卿の北畠親房が、幼帝後村上天皇のために、吉野朝廷の正統性を述べた歴史書である。神代から後村上天皇の即位までが、天皇の代毎に記された歴史。史的著述の間に、哲学・倫理・宗教思想と並んで著者の政治観が織り込まれている。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/神皇正統記

答え

神皇正統記

ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です