鎌倉時代に,武家としての最初の体系的法律である「御成敗式目」を出した執権は誰で しょう?

ポイントQ

問題

鎌倉時代に,武家としての最初の体系的法律である「御成敗式目」を出した執権は誰で しょう?

選択

  • 北条泰時
  • 北条時宗
  • 北条高時
  • 北条早雲

毎日出題されるクイズコーナーの4択クイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【ポイントタウンの他に稼げているサイト】※管理人の場合
◆自ブログ持ち・SNSの利用者に最適な人気のポイントサイト » げん玉
◆節約志向・忙しい・飽きっぽい人におすすめ!サポート優秀 » ハピタス

PR

鎌倉時代に,武家としての最初の体系的法律である「御成敗式目」を出した執権は誰で しょう?

「鎌倉時代に,武家としての最初の体系的法律である「御成敗式目」を出した執権は誰で しょう?」に関する豆知識と答え。

御成敗式目とは、鎌倉時代に源頼朝以来の先例や、武家社会での慣習・道徳をもとに制定された武士政権のための法令のこと。制定当時、公家には律令が存在していたが、武家を対象とした明確な法令はなかった。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/御成敗式目

答え

北条泰時

ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です