1873年に来日し、東京大学の整備や女子教育の推進に貢献した米人教育家は誰?

ポイントQ

問題

1873年に来日し、東京大学の整備や女子教育の推進に貢献した米人教育家は誰?

選択

  • ミルン
  • リース
  • マレー
  • ジェーンズ

毎日出題されるクイズコーナーの4択クイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【管理人お小遣い実績&メモ】
ポイントサイト利用開始時からこれまでのお小遣い帳 » ポイント交換実績
巡回時間に負担を感じたら、シンプルなポイント稼ぎができる ハピタス

PR

1873年に来日し、東京大学の整備や女子教育の推進に貢献した米人教育家は誰?

「1873年に来日し、東京大学の整備や女子教育の推進に貢献した米人教育家は誰?」のクイズに関する豆知識と答え。

アメリカ合衆国の教育者、教育行政官。夫人とともに1873年(明治6年)6月に来日。東京大学、東京女子師範学校および同校附属幼稚園、教育博物館、東京学士会院の設立や官立諸学校の教則制定・改正に協力した。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/ダビッド・モルレー

答え

マレー

ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です