1925年に成立した「普通選挙法」で選挙権を得たのは次の中のどれ?

ポイントQ
問題

1925年に成立した「普通選挙法」で選挙権を得たのは次の中のどれ?

選択
  • 20歳以上のすべての男女
  • 20歳以上のすべての男子
  • 25歳以上のすべての男女
  • 25歳以上のすべての男子

毎日出題されるクイズコーナーの4択クイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【管理人お小遣い実績&メモ】
ポイントサイト利用開始時からこれまでのお小遣い帳 » ポイント交換実績
巡回時間に負担を感じたら、シンプルなポイント稼ぎができる ハピタス

答え
25歳以上のすべての男子
PR

1925年に成立した「普通選挙法」で選挙権を得たのは次の中のどれ? のクイズに関する豆知識

普通選挙法とは、1925年(大正14年)、加藤高明内閣によって制定された、成年男子による普通選挙を規定する法律(大正14年5月5日法律第47号)である。それまでの納税額による制限選挙から、納税要件が撤廃され、日本国籍を持ち、かつ内地に居住する満25歳以上の全ての成年男子に選挙権が与えられることが規定された。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です