最初の勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)である「古今和歌集」の編纂を命じた天皇は?

ポイントQ
問題

最初の勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)である「古今和歌集」の編纂を命じた天皇は?

選択
  • 白河天皇(しらかわてんのう)
  • 聖武天皇(しょうむてんのう)
  • 醍醐天皇(だいごてんのう)
  • 村上天皇(むらかみてんのう)

毎日出題されるクイズコーナーの4択クイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【管理人お小遣い実績&メモ】
ポイントサイト利用開始時からこれまでのお小遣い帳 » ポイント交換実績
巡回時間に負担を感じたら、シンプルなポイント稼ぎができる ハピタス

答え
醍醐天皇(だいごてんのう)
PR

最初の勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)である「古今和歌集」の編纂を命じた天皇は? のクイズに関する豆知識

『古今和歌集』(こきんわかしゅう)とは、平安時代前期の勅撰和歌集。全二十巻。勅撰和歌集として最初に編纂されたもの。略称を『古今集』(こきんしゅう)という。『古今和歌集』は仮名で書かれた仮名序と真名序の二つの序文を持つが、仮名序によれば、醍醐天皇の勅命により『万葉集』に撰ばれなかった古い時代の歌から撰者たちの時代までの和歌を撰んで編纂し、延喜5年(905年)4月18日に奏上された。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です