平安時代の書道の名手で三蹟の一人は誰でしょう?

ポイントQ
問題

平安時代の書道の名手で三蹟の一人は誰でしょう?

選択
  • 藤原行成
  • 空海
  • 嵯峨天皇
  • 橘逸勢

毎日出題されるクイズコーナーの4択クイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【管理人お小遣い実績&メモ】
ポイントサイト利用開始時からこれまでのお小遣い帳 » ポイント交換実績
アリフィエイト初心者は自ブログなし&審査なしでスタートできる A8.net

答え
藤原行成
PR

平安時代の書道の名手で三蹟の一人は誰でしょう? のクイズに関する豆知識

当代の能書家として三蹟の一人に数えられ、その書は後世「権蹟」(ごんせき)と称された。書道世尊寺流の祖。当時の実力者藤原道長からもその書道を重んじられ、行成が『往生要集』を道長から借用した際に、「原本は差し上げるので、あなたが写本したものを戴けないか」と言われたという。藤原行成は、平安時代中期の廷臣。藤原北家、右少将・藤原義孝の長男。官位は正二位・権大納言。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です