インカ帝国の遺跡「マチュ・ピチュ」は別名なんと呼ばれていた?

ポイントQ
問題

インカ帝国の遺跡「マチュ・ピチュ」は別名なんと呼ばれていた?

選択
  • 宇宙都市
  • 海底都市
  • 空中都市
  • 地下都市

毎日出題されるクイズコーナーの4択クイズに答えて、ポイントをGETしよう!

【管理人お小遣い実績&メモ】
ポイントサイト利用開始時からこれまでのお小遣い帳 » ポイント交換実績
巡回時間に負担を感じたら、シンプルなポイント稼ぎができる ハピタス

答え
空中都市
PR

インカ帝国の遺跡「マチュ・ピチュ」は別名なんと呼ばれていた? のクイズに関する豆知識

マチュ・ピチュは、アンデス山麓に属するペルーのウルバンバ谷に沿った山の尾根(標高2,430m)にある、15世紀のインカ帝国の遺跡である。当時、インカ帝国の首都はクスコで、標高3,400m。マチュ・ピチュから、さらに千メートル程高い場所に、その首都があった。山裾からは遺跡の存在は確認できないことから、しばしば「空中都市」「空中の楼閣」「インカの失われた都市」などと雅称される。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です