経済学者シュンペーターが1912年に書いた著書はどれ?

PeXクイズ

【PeXポイントクイズ・PC版】2017年5月6日午前5時~24時間
【クリックでポイントゲット】毎日午前0時~24時間

問題

経済学者シュンペーターが1912年に書いた著書はどれ?

PR

PeXクイズ 5/6 PC版

経済学者シュンペーターが1912年に書いた著書はどれ?

選択

  1. 経済と貨幣
  2. 経済発展の理論
  3. 雇用と経済発展
  4. 景気循環の理論

次の問題に更新されるのは、朝5時です。
PC・スマホのPeXクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

1日1回、1ポイント獲得できるクリックポイントも合わせてチェック!!

答え

経済発展の理論

シュンペーターは、オーストリア・ハンガリー帝国(後のチェコ)の経済学者。企業者の行う不断の革新が経済を変動させるという理論を構築。経済成長の創案者でもある。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヨーゼフ・シュンペーター

本日のスマホ版はこちら。

平成12年に徳島市で実施された住民投票では何が対象となった?
平成12年に徳島市で実施された住民投票では何が対象となった?(PeXクイズ)

クリックで1Pゲット

8つのバナーの中にひとつだけ1P獲得できるものがあります。

【6日23:59 まで有効】
7日の分は朝5時のポイントクイズと合わせて案内します。

□□□□
■□□□

スマホの表示位置は、スマホ版PeXクイズで案内しています。

ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です