大相撲の行司の定年はどれか?

PeXクイズ
問題

大相撲の行司の定年はどれか?

選択
A) 65歳
B) 55歳
C) 70歳
D) 60歳

7月10日午前5時更新のPeXクイズ。次回の更新は同日の夕方17時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
A) 65歳
PR

大相撲の行司の定年はどれか?

行司は勝負が決まった段階で、どちらの力士が勝ったかを軍配によって示す。他競技でいうところの主審やレフェリーなどに相当すると言われるが、行司はあくまでも一次的に取組の勝敗を判定する者であり、取組の進行及び勝敗の最終的な決定権は勝負審判にある。定年(停年)は65歳で、2015年より規定が変わって、定年日が本場所途中であっても、定年日を迎えた場所の千秋楽まで職務継続が可能となった。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です