1560年に「子供の遊戯」という油絵を描いた画家は

PeXクイズ
問題

1560年に「子供の遊戯」という油絵を描いた画家は

選択
A) ゴーギャン
B) ヒエロニムス・ボス
C) ロイ・リキテンシュタイン
D) ブリューゲル

4月1日17時更新のPeXクイズ。次回の更新は4月2日午前5時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
D) ブリューゲル
PR

1560年に「子供の遊戯」という油絵を描いた画家は のクイズに関する豆知識

最も早期の作品は、1553年頃の「使徒に出現するキリストのある風景」であり、その中の人物はマールテン・ド・フォスが描いたものである可能性もある。また、「イカロスの墜落」の最初のバージョンも若い時に描かれたと思われる。「ネーデルラントの諺」(1559年)は、初めてブリューゲルらしさが発揮された作品である。これと「子供の遊戯」(1560年)、「謝肉祭と四旬節の喧嘩」(1559年)は、併せて初期の3大作品といえる。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です