三十三間堂にある国宝千手観音座像ですが実際に手は何本?

PeXクイズ
問題

三十三間堂にある国宝千手観音座像ですが実際に手は何本?

選択
A) 108本
B) 42本
C) 1000本
D) 20本

3月8日17時更新のPeXクイズ。次回の更新は3月9日午前5時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
B) 42本
PR

三十三間堂にある国宝千手観音座像ですが実際に手は何本? のクイズに関する豆知識

京都三十三間堂の本尊(坐像)は、鎌倉時代の仏師湛慶の代表作であるとともに、十一面四十二臂像の典型作である。2本は胸前で合掌し、他の2本は腹前で組み合わせて宝鉢(ほうはつ)を持つ(これを宝鉢手という)。他の38本の脇手にはそれぞれ法輪、錫杖(しゃくじょう)、水瓶(すいびょう)など様々な持物(じもつ)を持つ。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です