参議院の定数が今までで一番多かった時は何議席だったか?

PeXクイズ
問題

参議院の定数が今までで一番多かった時は何議席だったか?

選択
A) 251議席
B) 252議席
C) 253議席
D) 254議席

12月27日午前5時更新のPeXクイズ。次回の更新は同日の夕方17時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
B) 252議席
PR

参議院の定数が今までで一番多かった時は何議席だったか? のクイズに関する豆知識

議員定数は法律で定められる(憲法第43条第2項)。具体的には公職選挙法により定められ、以下のような経過をたどって、現在(2015年7月)、都道府県を単位とする選挙区選出議員が146人、全国を単位とする比例代表議員が96人であり、合わせて242人である(公職選挙法第4条第2項)。

  • 1947年:250議席、第1回選挙
  • 1971年:251議席、沖縄選挙区追加(半数改選分+1)
  • 1972年:252議席、沖縄選挙区追加(半数改選分+1)
  • 2001年:247議席、定数削減-5(第二次世界大戦後初)
  • 2004年:242議席、定数削減-5
引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です