南蛮貿易のさなか、日本語になったポルトガル語はどれか?

PeXクイズ
問題

南蛮貿易のさなか、日本語になったポルトガル語はどれか?

選択
A) カタナ
B) ウルシ
C) ボウス
D) カルタ

12月15日17時更新のPeXクイズ。次回の更新は12月16日午前5時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
D) カルタ
PR

南蛮貿易のさなか、日本語になったポルトガル語はどれか? のクイズに関する豆知識

元々はトランプなどのカードゲーム一般を指した。現代日本では、花札か、後述する読み札にあわせた絵札をとってその枚数を競う競技を意味するようになった。その名称はポルトガル語で「手紙」(葡: Carta)、あるいは紙板状のもの、トランプなどを意味するcartaに由来する。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です