ネクタイとは英語ですが、フランス語では何というでしょうか

PeXクイズ
問題

ネクタイとは英語ですが、フランス語では何というでしょうか

選択
A) ネッククロス
B) ネッカチーフ
C) クラバット
D) ブランメル

12月7日17時更新のPeXクイズ。次回の更新は12月8日午前5時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
C) クラバット
PR

ネクタイとは英語ですが、フランス語では何というでしょうか のクイズに関する豆知識

現在のネクタイの原型ができたのは17世紀頃とされる。ネクタイの起源として伝わる有名な説として、ルイ13世を守るためにクロアチアの兵士(en)がフランスを訪れた際、「あれは何だ?」とに尋ねたところ、側近の者はクロアチアの兵士について尋ねられたと勘違いし、「クロアチア兵(クラバット)です」と答えたため、その布をクラバット(cravat)と呼ぶようになったという逸話である。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です