ヒクイドリが日本に初めて持ち込まれたのはいつか?

PeXクイズ
問題

ヒクイドリが日本に初めて持ち込まれたのはいつか?

選択
A) 江戸時代初期
B) 江戸時代中期
C) 明治時代
D) 大正時代

11月28日17時更新のPeXクイズ。次回の更新は11月29日午前5時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
A) 江戸時代初期
PR

ヒクイドリが日本に初めて持ち込まれたのはいつか? のクイズに関する豆知識

ヒクイドリはインドネシア、ニューギニア、オーストラリア北東部の熱帯雨林に分布し、オーストラリアでは標高1,100 m以下、ニューギニアでは標高500 m以下に好んで生息する。和名は「火食鳥」の意味であるとされている。日本にもたらされたのは、江戸時代初期の寛永12年(1635年)に、平戸藩により幕府に献上されたのが最初である。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です