「仏の顔も三度まで」では、仏は顔に何をされたか?

PeXクイズ
問題

「仏の顔も三度まで」では、仏は顔に何をされたか?

選択
A) 撫でられた
B) 殴られた
C) つっつかれた
D) ひっかかれた

11月18日17時更新のPeXクイズ。次回の更新は11月19日午前5時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
A) 撫でられた
PR

「仏の顔も三度まで」では、仏は顔に何をされたか? のクイズに関する豆知識

釈迦仏は一本の枯れ木の下で座って待っていたといわれる。進軍してきたヴィドゥーダバ王は釈迦仏を見かけると「世尊よ、ほかに青々と茂った木があるのに、なぜ枯れ木の下に座っているか?」と問うた。釈迦仏は「王よ、親族の陰は涼しいものである。」と静かに答えた。しかし釈迦仏はこれを三度繰り返しつつも、その宿縁の止め難きを知り四度目にとうとう釈迦族のいるカピラ城へ攻め込んだ。 「仏の顔も三度まで」ということわざはこの出来事に由来していると言われている。

引用元: wikipedia

というわけで、語源は上のように書かれていましたが選択の答えは分からなかったので、カンで答えたら正解していました!

ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です