沖縄を代表する染色の伝統工芸、「紅型」の読み方はなんというか?

PeXクイズ
問題

沖縄を代表する染色の伝統工芸、「紅型」の読み方はなんというか?

選択
A) びんがた
B) べにがた
C) くれないがた
D) えがた

10月19日午前5時更新のPeXクイズ。次回の更新は同日の夕方17時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
A) びんがた
PR

沖縄を代表する染色の伝統工芸、「紅型」の読み方はなんというか? のクイズに関する豆知識

沖縄を代表する伝統的な染色技法の一つ。14世紀の紅型の裂が現存しており、技術確立の時間を考慮すると、その起源は13世紀頃と推定されている。「紅」は色全般を指し、「型」は様々な模様を指していると言われる。沖縄県は「びんがた」と平仮名表記する場合が多い。古文書に現れる文字は「形付」、「形附」で「紅型」表記はない。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です