2国間の生産要素賦存量によって貿易を説明する理論は何というか

PeXクイズ
問題

2国間の生産要素賦存量によって貿易を説明する理論は何というか。

選択
A) 厚生経済学の基本第一定理
B) ヘクシャー=オリーン定理
C) 厚生経済学の基本第二定理
D) 古典派の第一公準

10月12日午前5時更新のPeXクイズ。次回の更新は同日の夕方17時です。
1日2回のクイズに答えて、ポイントをGETしよう!

答え
B) ヘクシャー=オリーン定理
PR

2国間の生産要素賦存量によって貿易を説明する理論は何というか。 のクイズに関する豆知識

国際経済学における最も基本的な定理の1つである。この定理によれば、各国の輸出と輸入の構造を決定するのは、各国に存在する資本や労働などの生産要素の賦存比率(物量同士の比率)である。この定理を構築したオリーンは、この功績が称えられ、1977年にイギリスの国際経済学者ジェイムズ・ミードとともにノーベル経済学賞を受賞した。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です