環境汚染問題を取り上げた、長編小説「複合汚染」の著者は誰か?

PeXクイズ
問題

環境汚染問題を取り上げた、長編小説「複合汚染」の著者は誰か?

選択
A) 宮部みゆき
B) 松本清張
C) 有吉佐和子
D) 遠藤周作

8月15日午前5時更新のPeXクイズ。次の更新は17時です。

答え
C) 有吉佐和子
PR

環境汚染問題を取り上げた、長編小説「複合汚染」の著者は誰か? のクイズに関する豆知識

日本の歴史や古典芸能から現代の社会問題まで広いテーマをカバーし、読者を惹きこむ多くのベストセラー小説を発表した。カトリック教徒で、洗礼名はマリア=マグダレーナといった。代表作は『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』、『恍惚の人』など。(中略)1962年、神彰(興行師。有吉との離婚後、居酒屋チェーン「北の家族」経営者となる)と結婚。長女として有吉玉青をもうけるが神の事業の失敗により1964年に離婚した。1970年代に入ると代表作となる『恍惚の人』や『複合汚染』が大きな反響を呼び、いわゆる「社会派」的イメージが定着した。

引用元: wikipedia
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です