アランドロンがジャンギャバンと最後に組んだ作品は?

PeXクイズ
問題

アランドロンがジャンギャバンと最後に組んだ作品は?

選択
A) 暗黒街のふたり
B) シシリアン
C) 地下室のメロディー
D) 太陽がいっぱい
答え

アラン・ドロンはフランスの映画俳優。1960年代から1980年代初めにかけ美男の代名詞的存在だった。(中略)日本での人気は絶大で、美男子の代名詞ともなった。また、女性のみならず、前述の『太陽がいっぱい』『さらば友よ』そして『冒険者たち』『サムライ』『地下室のメロディー』などで幅広い層のファンを獲得した。彼のファッションや映画のセリフ、立ち居振舞い、サングラス、煙草の吸い方などに憧れたり、真似をする男性達が続出した。

引用元: wikipedia(アランドロン)

ジャン・ギャバンは、フランスの映画俳優。歌手としても活躍した。往時のフランス映画を代表する名優で、深みのある演技と渋い容貌で絶大な人気を得た。日本の特撮テレビ番組『宇宙刑事ギャバン』の名前の由来になっている。

引用元: wikipedia(ジャンギャバン)
A) 暗黒街のふたり
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です