中国から飛来する厄介な大気汚染物質その呼称とサイズの正しい関係は?

PeXクイズ
問題

中国から飛来する厄介な大気汚染物質その呼称とサイズの正しい関係は?

選択
A) PM10≧SPM≧PM2.5
B) PM2.5≦SPM≦PM10
C) SPM≧PM10≧PM2.5
D) SPM≦PM2.5≦PM10
答え

PM10】大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね10μm以下のもの。粒子径10μmで50%の捕集効率を持つ分粒装置を透過する微粒子。1987年にアメリカで初めて環境基準が設定され、以降世界の多くの地域で採用されて、大気汚染の指標として広く用いられている。

PM2.5】大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね2.5μm以下のもの。粒子径2.5μmで50%の捕集効率を持つ分粒装置を透過する微粒子。日本では訳語として「微小粒子状物質」の語が充てられるが、日本以外では相当する熟語はなく専らPM2.5と呼ぶ。PM10と比べて小さなものが多いため、健康への悪影響が大きいと考えられている。

SPM】浮遊粒子状物質 (SPM)。大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が10μm以下のもの。日本の環境基本法に基づく環境省告示の環境基準において「大気中に浮遊する粒子状物質であって、その粒径が10マイクロメートル以下のもの」と定義されているが、PM10とは異なる。粒子径10μmで100%の捕集効率を持つ分粒装置を透過する微粒子。PM6.5 – 7.0に相当し、PM10よりも少し小さな微粒子である。

引用元: wikipedia
B) PM2.5≦SPM≦PM10
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメント

  1. huzitarou より:

    本日のクイズの答え
    AとB どこが違うのでしょうか。
    不等号の向きが違うだけで
    表す意味内容は同じように見えますが。
    学術的に不等号の向きまで決まっているというのなら
    一応納得しますが。

    A) PM10≧SPM≧PM2.5
    B) PM2.5≦SPM≦PM10

    回答お願いします。

    • sora sora より:

      huzitarouさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      結論から申しますと、わたしには回答できるだけの知識がありません。
      わたしの場合は、たまたまPM2.5を基準に、それ以外の数値を調べていたので
      自然にBで答える流れになりましたが、
      なぜ不等号の向きが違うだけのAではいけないのか
      説明することはできません。

      わざわざコメントいただいたのに本当にすみません。

      【追記】
      少し調べてみました。
      例えが上の選択とは少々異なるのですが、知恵袋での質問と回答を見つけましたので
      リンクを貼っておきます。

      if の不等号の向きってどうしていますか?

  2. huzitarou より:

    ご挨拶遅れまして大変失礼しました。
    ご丁寧に回答をいただきありがとうございました。
    でもまだ釈然としないなあというのが正直なところです。
    これからもよろしくお願いいたします。

    • sora sora より:

      こちらこそ、お返事ありがとうございます。

      実はご指摘いただくまで気づいてもいなかったのですが
      言われてみると気になって、隙間時間に調べていたのですが
      やっぱり「これ!」という回答は見つけられませんでした。

      同じくスッキリしませんが、いずれどこかで腑に落ちる回答を見かけたら
      こっそりリンクを残しておこうと思います(笑

      こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です