アランドロンが婚約者ロミー・シュナイダーと初めて共演した作品は?

PeXクイズ
問題

アランドロンが婚約者ロミー・シュナイダーと初めて共演した作品は?

選択
A) 太陽が知っている
B) 太陽がいっぱい
C) 恋ひとすじに
D) 冒険者たち
答え

アラン・ドロン(Alain Delon、1935年11月8日 – )はフランスの映画俳優。1960年代から1980年代初めにかけ美男の代名詞的存在だった。

ロミー・シュナイダー(Romy Schneider、1938年9月23日 – 1982年5月29日)は、オーストリア・ウィーン出身の女優。当時の西ドイツ、フランスの映画界で活躍した。出演した映画の数は60本を超える。
1958年、母マグダの出世作『恋愛三昧』のリメイク『恋ひとすじに』(仏・伊合作)で無名のアラン・ドロンと共演。ロミーはフランス語が話せず、ドロンもドイツ語が分からなかったうえ、ロミーはドロンを悪趣味で気障な男だと感じ、ドロンはロミーを胸くそ悪いやつだと思い、初対面の2人のお互いの第一印象は極めて悪かった。

引用元: wikipedia-アラン・ドロン
引用元: wikipedia-ロミー・シュナイダー
C) 恋ひとすじに
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です