「なくした小銭への怒り」というタイトルのピアノ曲の作曲者は?

PeXクイズ
問題

なくした小銭への怒り」というタイトルのピアノ曲の作曲者は?

選択
A) ベートーヴェン
B) モーツァルト
C) バッハ
D) ハイドン
答え

ピアノ曲《ロンド・ア・カプリッチョ(奇想曲風ロンドの意) ト長調》作品129の俗称であるが、あたかも副題であるかのように広まり、本来の題名よりも有名になっている。自筆譜に書かれた正式な名称は、「奇想曲的なハンガリー風のロンド」(Rondo alla ingharese quasi un capriccio)である。作品番号は後期作品を連想させるが、実は1795年に作曲された初期作品であり、ベートーヴェンの死後になって発表された。したがってベートーヴェンがこのような副題をつけたわけではない。

引用元: wikipedia
参考: YouTube
A) ベートーヴェン
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です