サッカー・ドイツ代表で初めて東ドイツ出身で主将になった人は?

PeXクイズ
問題

サッカー・ドイツ代表で初めて東ドイツ出身で主将になった人は?

選択
A) ギド・ブッフバルト
B) オリバー・カーン
C) フィリップ・ラーム
D) ミヒャエル・バラック
答え

ドイツ・ゲルリッツ(旧東ドイツ)出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ・センターハーフ)。ユルゲン・クリンスマンが2004年に代表監督に就任すると東ドイツ出身の選手として初めてキャプテンに指名された。自国開催となる2006 FIFAワールドカップでは得点こそできなかったが、その構成力とキャプテンシーで自国を3位に導く活躍を見せた。

引用元: wikipedia
D) ミヒャエル・バラック
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です