通貨当局が外国為替市場に影響を与えることを目的に為替の売買をすることをなんという?

ちょびリッチクイズ
問題

通貨当局が外国為替市場に影響を与えることを目的に為替の売買をすることをなんという?

選択
a) アウトベンション
b) アウトペンション
c) インターベンション
d) インターペンション
答え

「為替介入」や「外国為替平衡操作」とも呼ばれ、外国為替相場に影響を与えることを目的に、財務省や中央銀行など通貨当局が外国為替市場で実施する通貨(外国為替)の売買取引のことをいう。これは、急激な為替相場の変動が実態経済や企業収益などに悪影響を及ぼすのを抑えることを目的に実施され、日本では、財務大臣が円相場の安定を実現するために用いる手段として位置付けられており、財務大臣の権限において実施される。

引用元: ifinance
c) インターベンション
ブログランキング
お帰り前に応援1クリックいただけたら嬉しいです!
このページの情報があなたのお役に立ちましたらお願いします。
ブログランキング   にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
PR

シェアはとても励みになります。ありがとう!

購読はフォローが便利です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です